山口県鳶工業連合会


行事等のご案内


山鳶連は、建設業の担い手確保・育成に取り組んでいます。

毎年2月頃に開催される、県内進学・仕事魅力発信フェアにて「仕事」紹介コーナーでの就職促進活動を行っています。 

毎年5月頃に開催される、「県内就職促進協議会」にて会員企業が、県内高校の進路・就職担当の先生方との意見交換会を行っています。 


山鳶連では、とび技能士を応援しています。

毎年定例総会にて、職長として活躍するとび技能士を「優良職長」として表彰しており、山口県が認定する山口マイスターへの推薦候補者としております。こういった取り組みを通じて、県内の若手技能士の技能向上を図っています。  


山鳶連では、とび伝統文化継承事業を行っております。

火消鳶の伝統文化を継承し、若い世代へ受け継いでいく「継承事業」を行う事で、とび職人に受け継がれる古き良き伝統「技能」と現代の最新「技術」との融合を図っております。


山鳶連では、とび技能士を募集しています!

毎年6月頃に、山口きらら博記念公園多目的ドーム(きららドーム)にて開催される、建設産業魅力発見フェアの「技術・技能体験」コーナーにて、とび技能士の紹介と、山口県鳶工業連合会会員企業への就職促進活動を行っています。 

会員企業各社では、建設産業魅力発見フェアの「会社紹介」コーナーにて、新卒採用に係る「就職促進活動」を行っています。


山鳶連では、とび技能士を育てています。

毎年開催される技能五輪全国大会「とび職種」競技にて、11年連続出場、8年連続入賞を達成しました。2019年の愛知県大会では念願の金賞受賞も果たしており、山鳶連では、技能士育成に貢献しております。 


山鳶連では、とび技能検定実技試験の運営協力をしています。

毎年山口県で開催される「とび技能検定」実技試験へ、検定委員10名、補佐員10名を派遣するほか、外国人技能実習生の検定を集合方式で行うなど、山鳶連では技能士育成に貢献しております。